映画・テレビ

2007.07.16

ハリーポッターと不死鳥の騎士団

見てきました~。
大好きなんですハリーポッター(*^_^*)
原作の第一巻が話題になっていた時に、”まぁ子供の読み物なんだろう”って思いながら読んだのが最初。それ以来、新作が出るのが待ち遠しくて。
今回の映画、大筋は原作のままですが結構アレンジされてました。なが~い原作を映画にまとめるのは大変なんだろうけど、前作辺りからチョット話が飛び過ぎてるような気がしますねぇ。原作を読んでいない方が見ると、一回見ただけでは話しのつながりが分かり辛いのでは?と思いますがどうなんでしょう・・・。
でも今回は戦闘シーンの迫力が凄かったです。ついに闇の帝王との戦闘が始まる!!って感じでした(笑)
原作はドンドン重苦しい雰囲気に包まれていくし・・・最終章どうなるんでしょうか~~。
今日映画を見ながら思ったのですが、善と悪、光と闇、誰でもが心に二つの要素を持っていて、どちらの声に従うかは自分次第。でも・・・光を選ぶと必ずと言えるほどに試練が待っていて、闇を選ぶのは凄く容易くて、気を抜くとイッキに転がり落ちてしまう。最近、世の中で起こっている事件に見てとれますよね。
そういう僕も、犯罪までは起こさないまでも、小さな過ちは山ほどある訳で。それを戒めたり、許したりしながら生きてるけれど、常に光の方向を見ているヒトでありたいですね・・・過酷だけど(^_^;)
ハリー頑張れ!!(^o^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.07.08

地下鉄に乗って

少し前に、この映画のDVDを買いました。
映画を見て、とても良かったので・・・。
ひとりでショッピングモールをブラブラしてて、映画館の前にさしかかり、この映画のポスターが目に入りました。前評判も何も知らず、上映されている事すら知らない作品。でも、主演が、好きな俳優の堤真一さんだったし、そのポスターに昭和の懐かしい風景が描かれていたので、”ALWAYS~三丁目の夕日~”みたいな映画かと思って、フラフラっと入ってみました。
映画は、父親との確執がタイムトラベルによって少しずつ紐解かれていく・・・そして、愛人との関係も。そんな内容でした。私も父親との確執があり、自分の心情とオーバーラップするところの多い作品で、見終わった後、心にズシーンときてしまって、しばらく席から立ち上がれず、それから数日間は頭から離れませんでした。
是非もう一度見たいと思いましたが、その映画は、それが最終上映で。
それでDVDが発売されるのを待って、早速、購入した訳です。
こういう事ってたまにありませんか?
”あ~、これは何かのメッセージなのかな。”って事が。
私はそういうの(スピリチュアルな事)を信じていて、そんなメッセージを受け取れるかどうかは、自分の感度次第なんだろうなぁって思ってます。

なんとなく気になる場所、偶然出会う映画・音楽・本・・・そしてヒト。

| | コメント (2) | トラックバック (0)